休刊鬼嫁

* テンプレいじりが好きなので、過去の記事は表示が崩れているかもしれません


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category スポンサー広告
edit

20110724Gv@麻雀連

先週麻雀がどうなったか記憶が薄れているので、素直に麻雀連合ということで。
今回は影葱+リンカーで参戦。薔薇に詰め込んでGv。
ひたすら幻想とElpisと戦う2hでした。



■ 開始から30分間くらい ■

敵がいない!
LにElpisがいるという情報があったのでとりあえずL1へ。
が、誰も居ない。とりあえず割って防衛していると、L2、L3、とコールが流れ、5まで行ってC1へ移動したので、それに倣ってL1を放棄。
L2、L3、L4、L5と防衛配置を確認しつつ、割って転戦を繰り返しました。


■ V3攻め : vsGN ■

V3にGNがいるとのことだったので攻め。
奥まで押し込み、一度EMCされたんだったかな。
割って防衛へ。


■ V3攻守 : vsElpis/GN/蒼い鳥/幻想/わらしべ ■

最初はER崖上クランク防衛。
前衛陣に階段についてもらい、階段踊り場にSGやフロストミスティ、カオスパニックなどばら撒いていました。
ステイシスや羅刹、ウィードにおびえつつ、ElpisとGNを相手に防衛中、裏で蒼い鳥がEMC。
なんとか処理しようとするも挟み撃ちになり、前と後ろと混戦になっている間に蒼い鳥に割られる。

リベンジしようと攻め込むも防衛はなし。
浮かして防衛しようと思っていたところ、Elpisが割り。

更にもう一度攻め込むと、後ろから幻想とわらしべが襲来。
お尻をつつかれつつElpisを攻める予定が、とりあえず後ろ綺麗にしてから攻めようとなったのが始まりとなって、
40分くらい続く三つ巴の戦闘に。
幻想とやりあっている時間が一番多かったのかな? 3MAPで迎え撃ったり、2MAPで迎え撃ったり、Elpisの逆攻めと挟まれて磨り潰されたり、そのままElpisが3MAP防衛に移行したり、逆攻めのElpisを幻想と挟み撃ちにしたり、いろいろありました。
ほぼずっとみっちり戦闘していたので、かなり濃い戦闘だったような。
幻想との戦闘に夢中になって、城主のElpisには申し訳ないことをしたかもしれない。
最終的には割って転戦。


■ N5攻守 : vs幻想 ■

SEの空き家を割って防衛しようということになり、N5へ。
攻め被りは幻想。エンペ周辺でごそっと削られて焦るも、割って防衛へ移行。
3バリケを修復して防衛しつつ、2バリケへ行こうとするも、すでに幻想が2-3バリケ間まで来ていたので交戦。
ここでも20分くらい戦闘してたんだったかな。ステイシスを度々通されて、リログEMCしてもらうことが多かった。階段と階段の間の狭い隙間など、ステイシスウォーロックがうまいなぁと思う場面も。
押しつ押されつで際どかったものの、バリケを割られる前に相手が転戦してくれたのでFE派遣へ。


■ V4攻め : vs涙 ■

ERでEMC。この時点で既に残り40秒ほど。
エンペには数人張り付いたものの、割る前にタイムアップで終了。


■ 総評 ■

結果は1砦と、潤沢とはいえない結果。
しかし、Lでの防衛の確認や、幻想との長時間戦闘など、かなり充実したGvだったと思います。
幻想とはいい戦いが出来そう。接戦が多かったので、勝てるようになりたい。
LPとニューマの選択が悩ましいところ。羅刹をとるか火罠をとるか。相手の構成次第なんだろうけど…
エンペや守護石へのSWも、火罠で一発なのが痛いなー。
あと、やっぱり影葱は120じゃまだまだ弱いです。相手にイグノアって言われるまでに、何回連打できるかの勝負。
久しぶりで動きがぎこちなかったこともあり、自分の動きには反省点が多かったかも。

screenfreya046_20110725011252.jpg

おつかれさまでした。
category 攻城戦
comment

2

edit

Comments

comment
すんごい泥仕合になっちゃって申し訳ないなぁと思いつつも付き合ってもらえて楽しかったw
comment
いやいや、むしろこっちこそ楽しませてもらったくらいでw
まちがってダビやんにグルーミーしたりしてたのはナイショだ!!


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Pick Up
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。