休刊鬼嫁

* テンプレいじりが好きなので、過去の記事は表示が崩れているかもしれません


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category スポンサー広告
edit

2007/08/19Gv

昨日は恒例のGvでしたね。皆様お疲れ様でした。
満足のいく戦争は出来ましたでしょうか。
私にとっては少々考えさせられるGvでした。

中盤のC5戦において、共闘か殲滅かで混乱が生じてしまったこと。
あのとき、どうするのが最良の行動だったのか。
自分が先陣を切って殲滅に走った上、PTにもそのように伝達してしまったため、その責任も感じつつ。
なので今回はユニットとしての反省もPTLとしての反省もとりあえず投げて、その件に関してだけ。


【考えられる対策】

1. 共闘関連において急な方針変更があった場合、
  PTに流す前にGチャおよびIRCにて確認する

一番間違いのない方法と思われる。
ただ、相手がこちらを排除するつもりでいた場合、確認している間に殲滅される恐れがある。
そうなれば大手を振って逆襲できる、とも考えられるが、今回の混乱はそもそも、共闘予定の連合のメンバーが、こちらの連合のメンバーを攻撃・排除したことが発端とも聞いており、聞いたのとは別のメンバーが攻撃されているのを私自身も目撃しているため、そうとも言い切れないのかもしれない。


2. 指示の優先順位に従う

今回私がとった行動。
総指揮の指示>指揮PTメンバーの指示>PTLの指示>他、という優先順位に基づき、常に上位の発言に従う形。
ただしこれは自分の思考を放棄しているに近いため、大きな問題を抱えた指示であっても無視するという欠点をもつ。


3. IRCにおいて流された指示のみに従う

連合全体に伝達される(はずの)指示にのみ従う形。
連合全体の纏まりを考えるならこれが最良といえる。
ただ、IRCに流す役割を担った人間が総指揮であれば2番の案と変わらないし、他の人間であれば、その人の選別に全てをゆだねることになるため、やはり2番と同じ欠点を抱える。
連合間の統率がとれる分2番より良いとも考えられるが、IRCへ流し忘れたりすればそもそもこの案自体が成り立たず、かつ、IRC導入をさらに推し進めることになるため、メンバーへの負担が大きくなるという可能性も孕む。


結局の所、最善の策などなくて、それぞれ欠点を抱える案しか思いつかない。
臨機応変に最良の策をとるしかないのかもなぁ。2番と3番の両立は不可能なので、1番の実施が可能な状況であれば1番、不可能であれば2番か3番という形になるか。
とまあ、つらつらと書いてきて、情報伝達全般についてふと考えた。

伝達案. 指揮メンバーおよびPTLはひとつのGに詰め込んでしまう

突拍子もない案だとは自分でも思う。が、今回の排除指示を流したときのPTメンバーの反応を見る限り、Gによって伝達されていたりいなかったりの差があった。全ての人がIRCを見ているわけではない以上、これも情報伝達を円滑にするためのひとつの方法かもしれない。
また、PTLと指揮メンバーの間で連絡がとりやすくなれば、連携もとりやすくなるかもしれない。ギルドマスターはG移動できないのことや、詰め込んだG以外のGチャには伝達が流れないことになるので、PTチャにおける伝達が非常に重要になることなどが問題か。

PTLやってて時々感じるのですよ。指揮PTメンバーと連絡がとりにくいと不便だなぁ、と。
ぼやき程度の案ですけどにー。
category 攻城戦
comment

0

trackback

0

edit

Comments



« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Pick Up
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。