休刊鬼嫁

* テンプレいじりが好きなので、過去の記事は表示が崩れているかもしれません


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category スポンサー広告
edit

Pvアルベルタにて

日曜日は相方と、月曜日は某忍者さんとPvをしたのでその話。
基本的に、知人とPvを行う場合、戦闘中アイテム使用禁止という試合形式でやる模様。HSPや料理などは試合開始前に使用すれば可とのこと。
実は、相方や某忍者と真剣に試合をするのはこれが初めて。正直すんげい緊張しました。



相方との試合[結果:勝利]
相方はWIZなので、ローグとの相性はおそらく最悪。TDの凶悪さが浮き彫りに。IWやQMを突破できないのが難点ではあるものの、他の魔法は(詠唱がほぼ無詠唱でない限り)ほぼ完全に回避が可能。
バックスタブを切っており、普通のローグに比べると火力面で劣るため、基本の攻撃手段をインベナムにすることで補いました。
低INTな私には、目前に出されたFWを回避しきれなかったのと、サイトブラスターによるダメージがかなりの痛手。
最後はお互い、どっちが死ぬかの接戦になりましたが、毒効果とTDのおかげでからくも勝利。
アンフロや石化対策を持っていなかったため、TDによる回避が難しいFDやSCが来たら死んでいただろうと思います。
いい経験をありがとう。またよろしくお願いします。

某忍者との試合[結果:敗北]
二試合付き合っていただいて、どちらも敗北を喫すると言う屈辱。
ROにおける自分の師でもある人物の別キャラであり、Pスキルではとてつもない差があるのは分かっていましたが、やはり負けると悔しい。
まず、相手がインベ対策をしてきていたのが痛かった。また、それに気付くのが遅すぎたのも。ダメージがなくて妙だなとは思ったのですが、毒が通っていたため判断を誤ったんだろうと思います。
次に、TDの使い方が甘かった。相手にハイド状態からの攻撃があり、なおかつこちらのほうが長く隠れていられる以上、姿を見せておくことは危険。しかし、TD状態から使用可能な攻撃手段が現在ひとつもないため、隠れていると攻めの機を逃すというのも事実。
あとは、インベを攻撃の要としていたためSPを惜しんでいたこと。それ自体は必要なことだったんですが、インベでダメージが通っていなかった時点で脱衣に切り替えるべきだったなあと。脱衣は空蝉や影分身の影響をうけないし。
反省しだすときりがないですが、それを生かして次こそは倒したいものです。

ちなみに数日前にAGI騎士さんともやりましたが、フルボッコにされて終わりでした。相手の手数が多いのとDEXが高いのとで、回避がウリの自分としては厳しい相手だなというのが感想。VITが低いので、ヘッドクラッシュによる出血とバッシュによるスタンが脅威。どうやったら勝てるのか、もっと掘り下げて考える必要がありそう。
category 対人戦
comment

0

trackback

0

edit

Comments



« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Pick Up
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。